理学療法 運動療法まとめ

腱板断裂術後早期の夜間痛について(リハビリ)

こんにちは。以前腱板断裂の保存療法について記事を書きましたが、今日は腱板断裂術後早期のリハビリについてまとめます。腱板断裂術後早期のリハビリで大切なポイントとして夜間痛改善があります。

 

腱板断裂保存療法のリハビリの記事はこちら

 

www.rehasaku.jp

 

 

f:id:shinya-bob:20171127202537j:plain

 

 

 

 

腱板断裂の治癒過程

まず最初に腱板断裂の治癒過程についてお話します。

修復した腱板は約3週間で線維化細胞の増殖が著しく抗張力が強くなります。5-6週間で癒合はほぼ完成します。その為、3週間は修復した腱板に負担をかけないようにすることが大切です。

 

術後の疼痛管理のポイント

疼痛管理のポイントは5つあります。

①上腕骨内圧の上昇

②関節内圧の上昇

③腱板の筋攣縮、腫脹

④肩峰下滑液包圧の上昇

⑤前上腕回旋動脈の血流増加

以上の5つに気をつけて術後早期のリハビリは進めていかなければなりません。

 

①上腕骨内圧の上昇

動脈は静脈と比較し弾性が高いと言われています。その為外部からの圧迫で静脈は閉塞しても動脈は閉塞しません。つまり骨内に血流を送ることは出来ても、骨外に送り出す事が出来なくなる。それにより、骨内にうっ血が生じ骨内圧が上昇します。

②関節内圧上昇

関節内圧が低い姿勢は一般的に

肩屈曲10-20° 外転10-30° 回旋0°と言われています。

③腱板の筋攣縮・浮腫

棘下筋や小円筋の攣縮や短縮があると後上腕回旋静脈は容易に圧迫され、上腕骨内圧が上昇し夜間痛が増悪します。

④肩峰下滑液包圧の上昇

肩峰下滑液包は肩峰の下に存在する滑液包で、人体最大の滑液包であり、痛みを感知する自由神経終末の分布も密である。肩峰下滑液包圧は挙上すると高くなる為、術後早期からの過度な可動域訓練は疼痛を増強させてしまいます。

⑤前上腕回旋動脈の血流増加

前上腕回旋動脈は腱板疎部を含む前方・外側の関節包の栄養血管であり、上行枝は結節間溝内を走行しています。

寺林らは腱板断裂を有する患者に、超音波診断装置を用い前上腕回旋動脈の血流を測定したところ、重度の夜間痛を有する症例において同動脈の収縮期最高血流量速度が優位に増加していたと報告し、関節を栄養する血管の血流量増加が夜間痛の病態に関係しているのではないかと考察している。1)

 

まとめ

今回は腱板断裂術後早期のリハビリで重要な夜間痛についてまとめました。

今後さらに詳細を更新していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

参考文献

1)寺林伸夫,伊藤芳毅,松本 和,ほか.夜間痛を伴う腱 板断裂患者に対する超音波ドプラ血流評価.肩関節 2012; 36(2): 507–510

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の原因部位の鑑別について

こんにちは。以前、ブログで上腕骨外側上顆炎のリハビリについて書いたので、今回はその中でも上腕骨外側上顆炎の痛みの部位の鑑別方法についてご紹介したいと思います。

 

 過去の記事はこちらです。

www.rehasaku.jp

 

関節内の痛みなのか、筋肉の痛みなのか、筋肉の痛みならどの筋肉が痛みの原因なのかがわかると治療も選択的かつ効率的に行えますね。

 

f:id:shinya-bob:20171127193006j:plain

 

上腕骨外側上顆炎(テニス肘

上腕骨外側上顆炎とは、肘関節の外側の疼痛を主訴とする頻度の高い疾患です。テニスの愛好家、手を使う作業をする方、パソコンを長時間使用される方などに多いとされている疾患です。本疾患は別名テニス肘とも呼ばれ、テニスプレーヤーの30〜50%が肘関節の外側に疼痛を経験しています。

近年テニスプレーヤーよりもデスクワワーカーの上腕骨外側上顆炎の病院受診が多くなっている印象です。

 

上腕骨外側上顆炎で痛みの出やすい部位

関節外

・短橈側手根伸筋(ECRB)

・長橈側手根伸筋(LEC)

・総指伸筋  など 

関節内

・滑膜炎

・滑膜ヒダの陥入

・輪状靭帯の断裂・狭窄

・関節包の断裂

 

鑑別方法

以下のテストを行います。

①Tomsenテスト

方法:肘伸展位・手関節背屈・手指屈曲に対して抵抗をかける

②中指伸展テスト

方法:肘伸展位・手関節背屈・中指伸展に対して抵抗をかける

③示指伸展テスト

方法:肘伸展位・手関節背屈・示指伸展に対して抵抗をかける

④手指伸展テスト

示指から小指の伸展にまとめて抵抗をかける

⑤フリンジインピンジメントテスト

肘伸展回内に抵抗をかける

 

鑑別例①

①Tomsenテスト 痛み増強

②中指伸展テスト 痛み増強

⬇︎

短橈側手根伸筋

 

鑑別例②

①Tomsenテスト 痛み増強

②示指伸展テスト 痛み増強

⬇︎

長橈側手根伸筋

 

鑑別例③

①Tomsenテスト 痛みなし

④手指伸展テスト 痛み増強

⬇︎

総指伸筋

 

鑑別例④

⑤フリンジインピンジメントテスト 痛み増強

⬇︎

滑膜ヒダ障害

橈骨神経

 

まとめ

今回は上腕骨外側上顆炎の痛みの部位の鑑別方法についてご紹介しました。

疼痛が慢性化していて滑膜ヒダ障害が疑われる症例は、リハビリでの改善は難しいです。関節内へのアプローチが必要となるのでお医者さんに相談するのが良いと思います。

治療の一助となれば幸いです。

 

股関節の痛みに悩んでいませんか(変形性股関節症)

こんにちは。理学療法士のKZです。あなたは股関節の痛みで悩んでいませんか。

動き出しで痛い、曲げたり捻ると痛い、歩いていると段々痛くなってくるなど。痛みの出方は様々ですが、このまま放っておくと変形股関節症の可能性が高まります。

今回は初期の股関節の痛みに対しての簡単な評価とリハビリについてお話して行きます。

 

f:id:shinya-bob:20171114004139j:plain

 

 

股関節について

股関節は大腿骨の上端にある骨頭と呼ばれる球状の部分が、骨盤の寛骨臼と呼ばれるソケットにはまり込むような形になっています、正常な股関節では寛骨臼が骨頭の4/5程包み込んでおり、このことが関節を安定させています。また、周囲の筋肉と協調することで、股関節を前後左右自由に動かすことができます。この状態を股関節の求心位が保持できている状態と言います。リハビリを進める上でもこの求心位を保持するということが非常に重要です。

 

f:id:shinya-bob:20171114003619j:plain

 

変形性股関節症とは

変形性股関節症は、関節軟骨の変性・摩耗により関節の破壊が生じ、これに対応する反応性の骨の増殖(骨硬化、骨棘)を特徴とする疾患です。原因の疾患が明らかでない一次性股関節症と、何らかの疾患に続発する二次性股関節症に分類できます。我が国では先天性股関節脱臼や、臼蓋形成不全などを原因をして起きる二次性股関節症が約80%を占めます。

どうすればいいの

基本的には股関節の求心位を保持できる状態を作ります。荷重、非荷重どちらでも股関節がどの方向を向いていても、大腿骨頭が良い位置にあるように周りの筋肉の働きを改善させてあげれば良いのです。

自分でできる股関節簡単チェック

股関節を曲げて両手で引きつける

曲げた時に股関節の前方につまる感じがあれば陽性です。

 

 股関節を曲げた状態で両手で回す

内側に入れた時に股関節の内側がつまるような感じがあれば陽性です。

 

 脚で4の字を作る

4の字の姿勢を保持した時に鼠径部(そけいぶ)ももの内側の筋肉、股関節の外側の痛みがあれば陽性です。

 

上記のテストで陽性だった方は股関節の求心位の保持が十分でない可能性があります。

以下のリハビリを行ってみてください。

 

リハビリ

お尻の筋肉のボールストレッチ

お尻の筋肉をテニスボールを使ってほぐします。最初はとても痛いですが、ほぐれてくると楽になってきます。

selfbox.jp

ももの内側のストレッチ

※ももの内側の筋肉がストレッチされている以外の痛みの時は、無理に行わない。

selfbox.jp

股関節の前のストレッチ

※股関節の前の筋肉がストレッチされている以外の痛みの時は無理に行わない。 

selfbox.jp

骨盤前後傾ex

骨盤の運動と共に、お腹の筋肉も意識して使います。

selfbox.jp

 

まとめ

股関節の痛み(変形性股関節症)に対してのチェック方法と、リハビリについてまとめました。

痛みの続く場合は整形外科の受診をおすすめします。初期の痛みを放っておくと変形が進行し、将来的に手術が必要になる場合もあるので、早期からの対応や、常に股関節の求心位を保つことが重要となってきます。

将来の末長い健康を目指して。 

 

参考文献)監修 国分正一、鳥巣武彦:標準整形外科 第10版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは頸の痛みで悩んでいませんか(慢性頚部痛 肩こり)

慢性的な頚部痛 

こんにちは。KZです。あなたは慢性的な頚部痛や肩こりで悩んでいませんか。

お仕事はデスクワークですか。または下を長時間向いている仕事でしょうか。

今回は半年近く続いているような慢性的な頚部痛に対しての原因と対象法についてご紹介します。

 

f:id:shinya-bob:20171016103207j:plain

 

 

なんで痛いの

頸の痛みや肩こりは姿勢と大きく関係しています。

頭の重さは体重の13%と言われています。体重50Kgの人なら約6.5Kg。これは14ポンドのボウリングの球に匹敵します。

14ポンドのボーリングの球を肘を伸ばして遠くで持つことを想像してみてください。腕がすぐに疲れてしまいそうですね。これと同じことが首でも起こっています。

背中が丸まり、頭が身体の重心より遠くにあると頸や肩の筋肉はパンパンに張ってしまいます。これが頭部前方姿勢です。この姿勢で筋肉の循環が悪い状態が続くと、筋力が落ち、姿勢は悪くなるばかり。悪循環に陥ってしまいます。

 

f:id:shinya-bob:20171016104109j:plain

 

頭部前方姿勢の問題点

・頸の後ろの筋肉が緊張状態や硬くなっていると神経を圧迫し頭痛に繋がる。

・頚の動きが悪くなる。

・胸郭の動きが悪くなるので、肩の筋肉が呼吸を補助しなければならず、呼吸をしているだけで肩こりを誘発し、慢性的な肩こりに繋がる。

・肋骨が上がるので、頸から出てくる神経を圧迫し、痺れや脱力につながる。

体幹の筋肉が落ちる...etc

 

対処方法

首や背骨周りの筋肉の柔軟性を改善して、頭を身体の重心に乗せてあげましょう。

胸椎伸展運動

丸めたバスタオルを肩甲骨の下に置きゆっくり寝ましょう。

寝ていることに慣れたらバンザイをしたり手を天井に突き出したり腕の動きを使ってリラクゼーションを行います。10分間。

 

selfbox.jp

 

肩すくめ

 

selfbox.jp

 

ロウイング

 

selfbox.jp

 

広背筋のストレッチ

 

selfbox.jp

 

デスクワーク時の良い姿勢とは

顎を引いて背中を伸ばし、耳たぶが肩の上にくるようにしましょう。身体がかたく難しい場合は、背中にクッションやタオルを入れ、背中が丸まらないように補助してあげます。椅子を引いて作業するのも良いです。

 

まとめ

慢性的な頚部の痛みについての対象法についてまとめました。

慢性的な頚の痛みは、生活習慣病と言っても良いほど日常生活や職場環境に影響を受けます。姿勢が悪く、筋肉や関節に負担がかかり続けると、痛みの悪循環が起きてしまいます。

マッサージを受けて一時的に楽になっても、姿勢が悪いとすぐに戻ってしまいます。

良い姿勢が取れる身体の柔軟性をつけて、普段の姿勢を変えるところから始めてみてくだい。

頚が慢性的に痛く、腕に痺れが出てきている方は、早めの整形外科の受診をおすすめします。理学療法士のいる病院でリハビリを受けるのも良いと思います。

将来長く健康でいるために、慢性的な体質の改善をして行きましょう。

 

参考文献:丸山仁司ら 評価から治療主義の選択

 

f:id:shinya-bob:20171016153231j:plain

 

腰の痛みで悩んでいませんか ぎっくり腰

腰の痛み ぎっくり腰

こんにちは。あなたは急な腰の痛みで悩んでいませんか。

靴下を履こうとした瞬間。振り向こうとした瞬間。

腰に急激な痛みが走り、そこから起き上がるのも立っているのもつらい。

これは急性腰痛症(ぎっくり腰)の可能性が高いです。

その場合の対処方法についてご紹介します。 

f:id:shinya-bob:20170925152654j:plain

 

 

急性腰痛(ぎっくり腰)とは

不意の動作、腰を捻った時や、曲げた時に起こることが多いです。日本ではぎっくり腰、海外では魔女の一撃と呼ばれます。

原因の部位には腰の関節やその周りの組織、椎間板、筋筋膜などがあります。

神経を介してお尻や、脚にまで痛みが出ることがあります。

 

対処方法

痛みが出てから2−3日は炎症症状による痛みが強いので、安静と固定が必要です。

安静の方法

横向きで膝を曲げて寝ます。

 

 

仰向けになる時は膝の下にクッションを入れて膝を曲げた姿勢を保ちます。

固定の方法

市販のコルセット、または整形外科で処方されるコルセットを使用し、骨盤と腰の動きを少なくします。

 

 数日経過して動けるようになって来たら、ストレッチを開始

ストレッチを行うことで、痛みや固定によって固まった筋肉の循環をよくして、症状の緩和や、再発予防を行って行きます。

 

①梨状筋(お尻)のテニスボールストレッチ

selfbox.jp

 

②梨状筋(お尻)ストレッチ

f:id:shinya-bob:20170820202923j:plainf:id:shinya-bob:20170820184451j:plain



 

③背中のボールストレッチ

  

運動は一部ですが、原因部位が違う人が行っても、症状の悪化の可能性が少ないものをピックアップしています。

 

ぎっくり腰の再発予防

痛みが完全におさまり、普段に生活に戻れるようになってからも油断はできません。

普段の動作において腰への負担は変わっていませんし、腰痛が起きるとその反応に伴い、腰を守る筋肉の活動も乏しくなってしまうからです。これがぎっくり腰がくせになってしまう原因です。

再発予防に向けた運動をいくつかご紹介します。

 

ももの裏のストレッチ

骨盤に付いているハムストリングスを伸ばし、骨盤の動きを良くします。

selfbox.jp

 

座位四股

骨盤を意識的に動かし、それに伴う体幹の筋肉の働きを促します。

 

胸椎回旋運動

胸の骨の関節を動かし柔軟性を向上させることで、腰の関節への負担を減らします。

 

 

まとめ

ぎっくり腰の痛みが起きた場合の応急的な対処についてまとめました。

可能であれば整形外科を受診し、お医者さんの診断を受けることが望ましいです。

ぎっくり腰はくせになります。毎年1回はぎっくり腰になるという方は、一時的に治っても、腰にかかる根本的なストレスは改善できていないことになります。

 

ぎっくり腰を繰り返していると、腰への負荷が日常から高くなり、将来的には重篤な腰部疾患へとなってしまうことがあります。

腰にかかる根本的な原因改善のため理学療法士のいる病院でリハビリを受けるのも良いと思います。

将来長く健康でいるために、ぎっくり腰体質の改善をして行きましょう。

 

 

参考文献)監修 国分正一、鳥巣武彦:標準整形外科 第10版 

 

 

 

 

 

 

 

膝の内側の痛みで悩んでいませんか

急な膝の内側の痛み

こんにちは。あなたは急な膝の内側の痛みで悩んではいないでしょうか。

 今回は特に怪我をした覚えがないのに、膝の内側が痛む場合の原因と対処方法についてご紹介します。

 

f:id:shinya-bob:20170907010711j:plain

 

●膝の内側 痛みの部位はどこ

①膝関節内側裂隙

大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間が痛む場合は関節周囲の滑膜の炎症症状が考えられます。関節は関節包という袋に包まれています。その袋の内側の部分を滑膜と言います。ここに炎症が生じることで痛みが出るケースです。
この炎症を繰り返し放っておくと変形が進行してしまう可能性があるので早めの病院受診をおすすめします。

 

②鵞足部 

膝の下の脛骨(すねの骨)の内側に筋肉の付着している場所があります。縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)、半腱様筋(はんけんようきん)という筋肉が付着しています。この場所を鵞足と言います。ここを押して痛みがある場合は鵞足炎が考えられます。

主に走り過ぎや歩き過ぎの後に起きます。膝が内側に入っているなどの歩き方が悪い場合や、お尻の筋力が弱い場合などが原因の事が多いです。

 

●対処方法 

一人で簡単に出来る対処方法をお伝えします。
大きく分けて2つ。アイシングとストレッチです。

アイシング

f:id:shinya-bob:20170910015907j:plain

患部を押して痛い場合は炎症症状が考えられるので、氷水でのアイシングが有効です。氷嚢やビニール袋に氷を入れ、少量の水を入れて患部を冷やします。10〜15分冷やしたら患部から外します。皮膚の感覚が戻ってきたらまた冷やします。このサイクルを2〜3回繰り返します。

注意:長時間行うと低温やけどをする可能性がある為、必ず15分が経過したら外すようにして下さい。

 

ストレッチ

柔軟性が不足している筋は人それぞれ違うので個々にそったストレッチを行うのが理想ですが、このような症状を呈している人に多く行われるストレッチをご紹介します。

 

・ふくらはぎのストレッチ

selfbox.jp

回数:10秒×10回

注意点:ストレッチ時に膝の内側が痛い場合は軽く膝を曲げて行って下さい。

 

・ももの裏側のストレッチ

selfbox.jp

回数:10秒×10回

注意点:ストレッチ時に膝の内側が痛い場合は軽く膝を曲げて行って下さい。

 

・お尻のストレッチ

selfbox.jp

回数:10秒×10回

 

・ももの外側のマッサージ

selfbox.jp

 

まとめ

急な膝の痛みが起きた場合の応急的な対処についてまとめました。

身体の使い方、筋力、柔軟性の低下など原因は人により違うので2、3日しても痛みに変化が見られない場合は整形外科の受診をおすすめします。

特にリハビリに力を入れている理学療法士のいる病院だと良いと思います。

湿布、薬だけでは痛みは治まっても患部にかかるストレスは変わらないので再発する可能性が考えられます。再発予防も含めたトレーニング等を聞いてみてください。

 

妊娠中から産後の手首の痛み〜手根管症候群について〜

あなたは妊娠中もしくは産後に手の痛みやしびれで悩んでいませんか?

朝方に痛みが強いのでリウマチを疑い病院に行ったら「手根管症候群」と診断されたでしょうか?

お医者さんに診断されて初めて聞く「手根管症候群」ってなんだろう...

そう思ったあなたに分かるように手根管症候群についてお話していきます。

 

 

f:id:shinya-bob:20170828145525j:plain

 手根管症候群とは

中指と人差し指を中心にしびれや痛みが出ます。また薬指や親指にしびれが出ることもあります。手を振ることで楽になるのも特徴です。

 

どうしてしびれや痛みが出るの

手首には手根管というトンネルがあります。この手根管というトンネルの中には正中神経という神経と、指を動かす腱が通っています。

この正中神経が手根管というトンネル内で圧迫されるとしびれや痛みが出てしまいます。

 

妊娠中や産後に多くみられるのはなぜ

妊娠中や産後に多く見られる原因として、妊娠中の急激な体重の増加や「むくみ」があります。ほとんどの妊婦さんは多かれ少なかれ「むくみ」が存在すると言われています。妊娠中や産後に多く見られるのは「むくみ」により手根管の正中神経が圧迫されるからです。また女性ホルモンの乱れにより、腱(腱鞘)自体のむくみも原因となります。

 妊娠中の浮腫により手根管が腫脹し、正中神経が圧迫されることにより発症。1) 

手根管症候群が出やすい時期

多くは妊娠の後半に発症します。具体的には妊娠7ヶ月以降〜産後3ヶ月以内の発症が多くみられます。妊娠後期は、胎児に多くの栄養を供給する為に血管の拡張が生じむくみやすくなります。

 

手根管症候群はどのぐらいで治るの

 この痛みやしびれがどのぐらいで治るのかはすごく気になりますよね。

一般の手根管症候群の症例と比較して軽症なものが多いと言われています。妊娠中の手根管症候群はおよそ3ヶ月程度で改善されると言われています。

 

 妊娠中、産後の手根管症候群の特徴

一般の方の手根管症候群と比べて両側に症状が出る方が70-90%と多いのも特徴です。

 

f:id:shinya-bob:20170828132731j:plain

 

手根管症候群はどうするといいの

①パソコンやゲームなど手の使いすぎを控えましょう。

②重い物を持つのを控えましょう。

③塩分の採りすぎは控えましょう。 

④体重管理を行い栄養バランスの取れた食事や運動を心がけましょう。

⑤手首を冷やさないようにしましょう。

 

まとめ

妊娠中の手の痛みやしびれは、出産後ホルモンバランスの改善とともに消失することもよくあります。出産後も痛みが続くようであれば、整形外科や産婦人科で相談れれることを推奨します。

 

 

参考文献

 1)正岡直樹,早川康仁,他:妊娠に伴うマイナートラブルへの対応 手のしびれ,足のけいれん.周産期医学.2002;32;18-21